佐久行(龍岡五稜郭〜コスモス街道〜茂田井宿)

 

長野県佐久市 '15. 9.21-22

 

 今回は、龍岡城五稜郭とコスモスを見に、信州佐久を訪ねました。
 1863年(文久3年)三河国奥殿藩藩主、松平乗謨(のりかた)は、分領だったこの地に藩を移転、五芒星形の西洋式城郭を建設。(1867年竣工・・・函館五稜郭の半分ほどの規模)
 乗謨は、明治になり、大給恒(おぎゅうゆずる)と改名。佐野常民とともに日本赤十字社の設立に尽力。
 

龍岡城五稜郭大手門跡

星形城郭の一角

大給 恒(松平乗謨)像

当時のままの お台所

城址内には小学校が

通用門跡・・・ここを通って通学!?

このあたりは少し入り組んだ堀の形に

こちらも星形城郭の一角 桜の頃がよいとの話だ

城址内の神社

資料館内の龍岡五稜郭模型

近くにある新海三社神社へ
 
高木が立ち並ぶ参道
 
拝殿と神楽殿
   
 
神楽殿
 
三重塔(国重要文化財)
   
 
東本社(国重文)と三重塔
 
佐久市 コスモス街道で
   
 
コスモスまつり会場で
 
川とコスモス
   
 
目を引いた模様入りのコスモス
 
間もなく稲刈り 黄金色の水田とコスモス
   
 この後、旧中山道望月宿へ。望月歴史民俗資料館を見学し、さらに近くの茂田井宿へ。(茂田井宿は中山道の正式な宿場町ではなく、旅籠をもたない休憩処、間の宿(あいのしゅく)だった。今も江戸時代の佇まいが残っている。)  
タイムスリップしたかのよう
   

武重酒造

大澤酒造の手前の坂道で
   
 
堰もいい雰囲気
 
大澤酒造・・・民俗資料館、美術館、書道館など併設