旧三笠ホテル

長野県軽井沢町大字軽井沢1339-342(旧軽井沢)

1906年営業開始。持ち主が変わったり、第二次世界大戦中、戦後は外務省や進駐軍の

施設になったりしました。1970年、ホテル64年間の幕を閉じました。

1980年国の重要文化財に指定され、1983年には内部一般公開が始まりました。

静かな林の中にある・・・軽井沢に行ったら、ぜひ!

 

日本人の手による、純西洋式木造ホテル。・・・作った人々の情熱が伝わってくるね!

 

客室・・・暖炉や調度品がいい感じ

 

1階廊下・・・ライトもしゃれている

 

軽井沢の別荘なんていいですね・・・見果てぬ夢か・・・。

 写真 2002. 3.27